うつ病と診断されましたが、「隠れうつ」というものでしょうか。

最近では自覚症状のない状態を「隠れうつ」と勘違いしている人が多いようです。

うつ病と診断されたら自覚がなくても正しい対処が必要です。

お話ししておきましょう。

◎隠れうつというのは病名ではない。

相談者が言っている「隠れうつ」に少し誤解があるようなので最初にお話ししておきます。

まず隠れうつというのは病名ではなく、うつ病を発症している人の行為を指します。

そのようなうつ病系の病気が存在するわけではありません。

あまり感心できることではありませんが、たとえば会社に勤めていて福利厚生のしっかりしたところであれば、うつ病患者に手厚く、いろいろな恩恵を受けられます。

長期の有給休暇が取りやすくなったり、ハードな部署から比較的軽作業の部署に異動させてもらえたりなどです。

◎やむにやまれぬ事情が隠れうつを生んでいる。

隠れうつとは、上記のような会社のシステムを周囲の同僚には黙って、長年、利用している人のことを言います。

隠れうつは犯罪ではありません。

また本人にその気がなくても、やむにやまれぬ事情から、そのような状態になってしまっているケースもあります。

相談者のように自覚がなくても、医師からうつ病と診断され長期の休暇を取るように言われたら、そうせざるを得ません。

そのとき、同僚には自分がうつ病とは言いづらいので、別の病名で休暇を取っている人もいます。

◎うつ病は本人の自覚症状の有無だけで決まるものではありません。

医師の診断がそうであれば、気づかぬうちにそうなっているケースもあります。

うつ病の原因には本人も気づかないうちのストレスの蓄積もあり、自覚がない分、放置しがちです。

「やる気が起きないが頑張れば何とかなる」と無理を重ねてしまうので、返って重症化してしまいます。

気を付けましょう。