中古バイクの値引き交渉はアリ?ナシ?

9cf0d1069ff3046bf9eab8e50271d096_s

中古バイクに限らず、良い物・安全な物が少し高いのは仕方ない。

でも、どうせなら安く買いたい。

そう思うのは人情ですよね。

中古バイクは時期によって値段が変わります。(詳しくは後述・・・)

では、そこからさらに安く買いたい場合は、どうすればいいのでしょう?

今回は、値引き交渉するためにはどうすればいいのか?そもそも交渉はありなのか?をまとめてみたいと思います。

 値引き交渉は危険? ~ほどほどにしよう~

新車の場合、表示価格はほぼ最低価格ぎりぎりを表示しています。

そのため、そこから交渉で値引きしてもらうのはかなり難しいと言えるでしょう。

しかし、中古バイクの場合、多少であれば値引きに応じてくれるショップもあります。

値引きといっても交渉次第で端数を切ってくれるくらいです。

しかし、そこからさらに無理に交渉を続けると、スタッフに悪い印象を与え、整備で手を抜かれる可能性があります。

ここが新車とは違うところです。

バイクは命を預ける物ですから、走行中に不備が生じるようなリスクはさけておきたいですね。

なので端数を切ってもらえればラッキーくらいに考えておきましましょう。

 値引きよりもオプションを狙う

車体の値引き交渉が難しいのであれば、オプションを頼んでみましょう。

 ヘルメットやグローブなど → ヘルメットは、5,000円~数万円

 数回分のオイル交換を無料にしてもらう → 400㏄のバイクだと1回あたり4,000円ほど

 バイクカバーやチェーンロックなど → チェーンロックは、8,000円~

これら全部に応じてもらうのは難しいですが、それでも一つ応じてもらえれば結果的にどれも1万円近く値引いてもらえる計算になります。

特にヘルメットは、乗り出す時に絶対必要な物ですし、後に新しい物を買ったとしても、前の物は予備にもタンデム(二人乗り)用にもなるのでオススメです。

 値段は時期が関係する

【新型車の発表・発売】

前の型は型落ちになるので交渉しやすくなります。

ただし、新型の発表・発売はメーカー次第になるので、時期としては不確定です。

【11月下旬~1月】

この時期は寒さでバイクに乗らない人が増えるため、そもそもバイクが売れにくくなります。

そのため、ショップ側も値引き交渉に応じやすくなります。

春や秋は、その1ヶ月ほど前から納車注文が集中します。

値段も上がったり納車予定日が遅れたりする場合があるので注意しましょう。

【2月】

上記ほどではないですが2月も購入にはオススメの時期です。

決算期前ですし、税制度上3月分の自動車税がかかるからです。

しかし、課せられた税金以上に値引きやオプションをしてもらえれば、結果的に得をしたことになります。

中古バイクの値引き交渉のコツは、

「車体の価格」ではなく「乗り出し価格(全体でかかる費用)」で考えることです。

ショップとは長く付き合う場合もあるので、お互いに良い関係にしたいですね。